湯田川温泉つかさや旅館 旅籠hatago (山形県鶴岡市)

玄関脇にあった4部屋を1つの大空間にするため、柱を抜き大きな梁で補強をかけました。

天井内部は複雑な骨組みになっており、熟練の大工技術と、現場でのデザインの飛躍を要されましたが、建築を再生する価値あるリノベーションは思い入れの深いお住まい、歴史のある店舗を想像以上に生まれ変わらせます。

 

ここ湯田川温泉は古くから「鶴岡の奥座敷」と呼ばれ、竹林と梅林に囲まれた閑静な

温泉郷です。

今回は地元の名産でもある竹を柱に用いて、湯田川のアイデンティティを忍ばせました。

 

既存の建築の歴史を残しつつ、幾分の非日常を体感できる場所を目指しました。